LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)
「ラプアの織り手たち」を意味するラプアンカンクリ。その名の通り、フィンランドの北西部にある人口15,000人ほどの小さな町、ラプアに位置します。辺り一面が真っ白な雪に覆われる長い冬と全てが輝く一瞬の夢のような夏。そんな厳しいながらも美しい自然環境で、ラプアンカンクリのテキスタイルは日々織られています。